睡眠改善の方法ドットコムTOP > 睡眠障害改善の方法とは? > コーヒーは睡眠を妨げる?

コーヒーは睡眠に悪い?

 

コーヒーは眠り薬

コーヒーが睡眠に影響を与えることは、よく知られています。

それは、コーヒーに含まれるカフェインが興奮剤だからです。
コーヒーを飲むと、約15分から30分で、血糖値が増加します。それはコーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激するため。そうすると血液中にアドレナリンが増加。血糖値、血圧、脈拍を上昇させるので、目が冴えることになります。

と同時にコーヒーを飲むと、ホルモン系統にも変化が起きます。
脳下垂体の前葉から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、それが副腎からコルチゾールを分泌させます。こちらは持続的な興奮作用を引き起こすのです。そう考えると適度なコーヒーは、体内に作られたストレスホルモンが睡眠物質に変化するので、考えようによっては睡眠にはいいかもしれません。

運動や入浴も寝る直前だと睡眠を妨げますが、2時間ぐらい前に行なうと、かえって睡眠を補佐することになります。ちょうど寝る頃に体温が下がってくるからです。同じ行動でも、時間帯によって毒にも薬にも変化するわけです。コーヒーも、これと同じことが言えるかもしれませんね。寝る直前に飲むと睡眠を妨げるけれど、朝や昼に飲めば、かえって夜の眠り薬となる、というわけです。

寝る前のコーヒーは睡眠を妨げる

さて、寝る直前のコーヒーが睡眠を妨げるのは、このように刺激剤であり、交感神経を活発にさせるからです。そうなると、とても寝付けるものではありませんよね。カフェインの効果は、だいたい4時間程度続くとされています。そのため、寝る前の4時間は、カフェインが含まれている飲み物は摂取しないほうが無難です。実際には4時間後には、まだ半分のカフェインが体内に残っているともいわれています。確実を期すならば、夕方以降は一切飲まない方がよいでしょう。

カフェインが含まれているものは、コーヒーのほかに、玉露、紅茶、コーラ、ウーロン茶、チョコレート、ココア、風邪薬、頭痛薬、栄養ドリンクなどがあります。玉露は紅茶には、多くのカフェインが含まれています。現在寝る前に飲む習慣がある人は、ハーブティーに切り替えるとよいかもしれません。風邪薬や栄養ドリンクにもカフェインは含まれているので、要注意です。

コーヒーは睡眠を妨げると一般的には言われてますが、もちろん個人差があります。寝る直前にコーヒーを飲んでも平気な人もいれば、朝に飲んだ一杯のコーヒーが影響して、夜に眠れないという人もいます。普段コーヒーを飲みなれている人は、体に耐性がついてきて、それほど睡眠に影響がないといわれています。

コーヒーを昼寝に役立てる

コーヒーは睡眠にかかわりがあるわけですが、この性質を有効利用することもできます。昼寝は、一般的に寝すぎはよくないといわれています。だいたい15分から30分くらいだと、夜の眠りに影響せず、またスッキリと目覚めることができます。深いノンレム睡眠に入るまえに目覚めるので、そのあとすぐに頭が活動できるのです。ですから、仕事中の昼休みに寝る場合は、その後のことも考えて、このくらいの時間にしたほうがいいでしょう。

そこでコーヒーが睡眠の調節に役立ちます。
昼寝や居眠りの前に、コーヒーを飲むのです。コーヒーは吸収の時間を考えると、約15分から30分で効いてきますから、ちょうどその頃に自然と覚醒できます。寝すぎを防げるというわけですね。そのほか仕事中でも、集中力を増すために、コーヒーを利用することができます。こちらのほうは、もうすでに多くの人が実行しているでしょう。

コーヒーには血糖値を下げる作用がある

コーヒーを飲むと約15分後に、交感神経が刺激され、血糖値が上昇することは前述しました。すると、そのあと血糖値の下降が起こります。こういった性質のため、コーヒーには糖尿病を防ぐ働きがあるといわれています。

ただコーヒーに多めの砂糖を入れて飲むと、両方の作用により、直後に急激に血糖値が下がる可能性があります。そうなると低血糖になってしまう危険があるので要注意です。低血糖になると、脳にぶどう糖の栄養が行かなくなるので、頭が働かなくなってしまいます。ですからブラックが理想です。缶コーヒーなら、今はやりの「微糖」がいいかもしれません。

コーヒーには、クロロゲン酸がガンの増殖を抑制したり、カフェインが脂肪の燃焼促したりという効果があるといわれています。コーヒーの健康効果には、すばらしいものがあるので、要は飲み方次第と言えそうです。

睡眠を改善するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら