睡眠改善の方法ドットコム

 

睡眠改善の方法ドットコムでは、安眠に役立つコツや、睡眠のしくみなどを解説しています。

睡眠の改善を求めている人は、現在の睡眠に不満があるのだと思います。
もっとも多い症状としては、すぐに寝付けないという悩みです。そのほか夜中に目覚めてしまう。あるいは朝早く起きてしまって、そのあと眠れないという睡眠障害もあります。きちんと睡眠時間を取っているにもかかわらず、昼間眠いという人もいます。

このように不眠症には、いろいろなタイプがありますが、もちろんいずれの不眠の症状も、睡眠の改善が可能です。これらの症状をよくするポイントは、眠気と深い睡眠でしょう。

睡眠改善のポイントは、眠気と深い眠り

夜になって自然な眠気が湧いてくれば、短時間で眠りに就くことができます。
また眠りが深ければ、夜中に目覚めることもなければ、早朝に覚醒してしまうこともないでしょう。深い眠りであれば、睡眠の質もよくなり、浅い眠りは自ずと解消されます。

つまり夜の一定時間がくれば、しぜんと体温が下がり、副交感神経に切り替わり、睡眠ホルモンであるメラトニンが大量に分泌されてくる。そうなれば理想的なわけです。これが睡眠を改善するための、重要なポイントになります。

夜型社会が、寝つけない不眠症の原因に

しかし現代社会は、こういった自然な変化を許さない傾向にあります。
ストレスは当然のこと、今は夜型社会といわれるように、24時間営業の店も増えています。なにより、この数年の大きな変化としては、インターネットで世界と簡単につながるということです。夜遅くまでネットサーフィンをしたり、ネットショッピングをしたりしていれば、光と興奮によって眠れない可能性があります。

パソコンからの強烈な光は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制します。
すると眠気が失せてしまい、体内時計が後退することに。これが夜更かし癖、朝寝坊の習慣へとつながっていきます。パソコンで夜遅くまでショッピングや2ちゃんねるなどに書き込んでいると、興奮してきて、脳内には快楽物質であるドーパミンが分泌されます。そのあと、布団に入っても寝付きにくいのは当然なのです。

睡眠を改善するには、このような生活習慣を改めることが第一です。
それには、夜はパソコンの照度を下げるか、控えるかする。できるだけ興奮をさそうようなサイトは見ない、などのルールを設ける必要があります。夕食後は、できるだけ照明を落としてリラックスしたほうが、メラトニンの分泌が促進されて、眠気が出てくるのです。

昼間の運動量低下が、浅い眠りの原因に

睡眠改善には、昼間の過ごし方も大切です。
昼間の運動量やストレスが少なすぎると、寝るときに、うまく副交感神経に切り替わらなくなります。というより昼間ずっと副交感神経が優位になっていると、夜に交感神経が頭をもたげてきたりします。睡眠物質が少ないので、液性機構としても眠りのスイッチが入りづらくなるのです。これには、なんでも便利な世の中になって、生活全体の運動量が減少した時代背景があるかもしれません。

睡眠改善は、以上のような時代の特性を意識しながら対処する必要があります。
そのうえでアロマテラピーを活用したり、安眠CDを聴いたりするとよいでしょう。そのほか寝る2時間前のぬるめの入浴、快眠サプリメントや安眠グッズなどの、細かな安眠対策も試していきましょう。

当サイトが、睡眠改善のコツを示すことによって、皆様が安眠と快眠を手に入れるためのお手伝いができれば幸いです。

睡眠を改善するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら